フェイスリフトを美容外科で受けてみて

40代から顔のラインが気になり始めました

40代から顔のラインが気になり始めました10歳は若く見えるようになりました肌が若返ると美意識が向上していきました

40代から顔のラインが気になり始めました。
ラインが崩れているのがハッキリわかりますし、全体的に老け顔になっています。
自分の場合は老化が少しずつ進行していましたが、30代後半くらいから加速してきました。
1〜2年のうちに5歳は老けて見られるようになったので、これはいけないと思って美容外科に行くことにしたのです。
逆三角形の顔が四角く変化してきたのも、たるみによるものでしょう。
このレベルになるとスキンケア用品では対処できませんでした。
本格的に医療施術が必要だと考えたので検査を受けてみたわけです。
すると想像していたとおりに、たるみを指摘されました。
放置しておくとほうれい線が気になり始めるとのことで、医師からフェイスリフトを勧められました。
そこで手術を受けることにしたわけですが、時間は4時間以上はかかると言われましたね。
本格的な手術になるとのことですが、麻酔を使用するので痛みはほとんどないそうです。
実際に施術中は痛みを感じることはありませんでしたが、ダウンタイムは2週間くらい発生すると言われました。
その期間中は痛み止めで対処しますが、思ったほど痛みは感じなかったです。
腫れは1週間以上続きましたが、特に痛みはありませんでした。
腫れが引いてくるころには、普段どおりの生活ができるようになりました。

お姉ちゃんが開発したフェイスリフトを施される pic.twitter.com/y1uebbQsu6

— ぶさん (@5eYtp) 2019年9月24日